MENU
>>アメックスプラチナ紹介で90,000P & Amazon3万円券!

【極秘】SPGアメックス改悪でカードがなくなる?券面デザイン変更レビュー!

SPGアメックスは2022年2月23日をもって新規発行が終了し、2月24日からマリオットボンヴォイアメックスが新登場しました。

正確に言うとSPGアメックスはなくなるのではなく、新カードへリニューアルされたわけです。

しかし、マリオットボンヴォイアメックス登場に伴い券面デザインの変更や特典の見直しが行われたため、改悪との声が後を立ちません。

そこでこの記事では、マリオットボンヴォイアメックス(旧:SPGアメックス)の改悪・改善点について解説します。

SPGアメックスはなくなりましたが、マリオットボンヴォイアメックスの登場に伴い2022年6月現在は入会キャンペーンが行われています。

公式サイトよりもお得な紹介経由なら、入会後3ヶ月以内に最大45,000ポイント獲得できます。

マリオットボンヴォイアメックスの紹介制度は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

マリオットボンヴォイアメックス(旧SPGアメックス)紹介キャンペーンで最大45,000ポイント獲得!

目次(クリックで読みたい箇所へ移動)

SPGアメックスがなくなる…!改悪点は大きく3つ

SPGアメックスは2022年2月24日にマリオットボンヴォイアメックスカードへと生まれ変わりました。

券面デザインの他にも、具体的に以下の点が改悪されたため実質「SPGアメックスはなくなった」といっても過言ではありません…。

  • 年会費49,500円(15,400円UP)
  • 無料宿泊特典付与に年150万円の条件追加
  • 海外旅行保険が利用付帯に変更

年会費が15,400円アップ

SPGアメックスは年会費が34,100円でしたが、マリオットボンヴォイアメックスプレミアムは年会費が49,500円となりました。

当時からSPGアメックスの年会費をネックに感じていた方は、この点が1番の改悪だと言えるでしょう。

年会費49,500円は他社のプラチナカードやブラックカードに匹敵するため、クレジットカードの年会費としては安い金額ではありません。

例えばJCBの最上位ステータスである「JCBザ・クラス」やチタン製のカードである「ラグジュアリーカード(チタン)」などが年会費約5万円のクレジットカードです。

年会費15,400円アップは、家計にとって大打撃となることも少なくないので、改悪と言わざる終えません。

無料宿泊プレゼントに年150万円の条件追加

SPGアメックスは年会費34,100円ながら、マリオットボンヴォイで使える無料宿泊券が毎年プレゼントされていたため年会費の元が簡単に取れました。

タイミングにもよりますが、無料宿泊券は5万円以上の価値を見出せるものであったことから、高級ホテルが好きならばSPGアメックスの年会費は安いものでした。

しかし、マリオットボンヴォイアメックスでは無料宿泊券の付与に「年間150万円の決済が必要」という条件が追加されました。

SPGアメックスでは毎年無条件に無料宿泊券がプレゼントされていたため、年間150万円の条件追加は改悪と言わざる終えません。

ですが、年間150万円の決済は月換算だと12.5万円なので、マリオットボンヴォイアメックスをメインカードとして利用すれば気になる金額ではないでしょう。

無料宿泊の概要や変更点については、以下の記事で詳しく解説しています。

マリオットボンヴォイアメックスで無料宿泊!おすすめホテルを一覧で紹介

海外旅行保険が利用付帯に変更

海外旅行保険が自動付帯から利用付帯に変更されたのも密かな改悪ポイントです。

利用付帯→旅行代金をカードで支払った場合に補償が受けられる

自動付帯→支払いの有無に関わらず、カードを保有していれば補償が受けられる

SPGアメックスは旅行代金のカード払いの有無に関わらず、最高5,000万円の補償が受けられましたが、この自動付帯分が撤廃されました。

マリオットボンヴォイアメックスでは、利用付帯のみ最高1億円の補償が受けられるようになりました。

これまでSPGアメックスを旅行のサブカードとして使っていた方にとっては、改悪です。

マリオットボンヴォイアメックスは改善点もあり…!

SPGアメックスからマリオットボンヴォイアメックスへ生まれ変わったことで、一部の方には改善点がいくつかあります。実は改善点がかなり多い

  • 家族カードが1枚無料(17,050円相当)
  • 年400万決済でプラチナエリート付与
  • 15泊の宿泊実績(これまでは5泊)
  • 無料宿泊できるホテルが追加
  • 最大3万円のスマホ補償
  • 宿泊で使える1万円相当のホテルクレジット

高所得者にとっては改善となり、この機会にマリオットボンヴォイアメックスへの入会を希望する方も一定数います。

特に、年間400万円の決済でマリオットボンヴォイのプラチナエリートが付与されるのはビックニュースでした。

プラチナエリートになるには、基本的に年間50泊の宿泊実績が必要なためお金だけでなく時間も必要です。

しかし、年間400万円の決済でプラチナエリートが付与されるとなれば、高所得者(年間400万円以上使う層)は実質無料でプラチナエリートが手に入るようになったわけです。

マリオットボンヴォイアメックスで事業決済をする、納税するという方は年間400万円を簡単に達成できるのではないでしょうか。

その他にも家族カードが1枚無料になることで、SPGアメックスで家族カードを発行していた方(計51,150円)は合計の年会費が安くなりました。

\紹介経由は公式サイトより6,000Pお得!/

マリオットアメックスプレミアムは、紹介経由で発行すれば最大45,000ポイントも獲得できます。

公式サイトよりも6,000ポイントお得にもらえるため、紹介制度を利用した発行が最もお得です。
紹介制度を希望の方は、以下のフォームよりメールアドレスを入力し、紹介URLを入手してください。

1分以内に自動でお送りします。

    ※迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあります。

    SPGアメックスがデザイン変更!新券面を画像付きでレビュー

    SPGアメックスがなくなり、マリオットボンヴォイアメックスが登場したことで券面デザインも変更されました。

    マリオットボンヴォイアメックスの券面デザイン

    マットブラックが基調された券面デザインは、落ち着いた印象でかなりカッコいいですね。

    SPGアメックスの券面と比較すると、マットな雰囲気が分かります。

    SPGアメックスの券面デザイン

    デザインの好みは人それぞれですが、筆者はマリオットボンヴォイアメックスの券面デザインが好みです。

    SPGアメックスの券面デザインは以前から不満の多かったため、変更されて良かったと改めて思います。

    マリオットボンヴォイアメックスはカード側面も「黒」

    マリオットボンヴォイアメックスはカードの側面も黒なので、高級感があります。

    あまり意識されない点ですが、比較してみると「確かに…!」と思うでしょう。

    SPGアメックスとマリオットアメックスの券面比較

    些細な点ですが、カードの側面も黒なのはかなりポイントが高く、安っぽさが感じられません。

    デザイン変更後の辛口コメント

    マリオットボンヴォイアメックスの新券面に関して、強いて辛口コメントを残すとすれば「カードが少し軽く感じる」という点です。

    筆者は新券面に非常に好感を持っているのですが、カードが到着して初めて持った時は「なんか軽いな…」と思いました。

    具体的なグラム数は測っていないのですが、間違いなくSPGアメックスより軽くなってるはずです。

    マリオットボンヴォイアメックスもより重厚感があればよかったなと率直な感想です。

    SPGアメックスのデザイン変更にまつわる口コミ

    SPGアメックスのデザイン変更に関して、SNSの口コミを確認すると「マリオットボンヴォイアメックスの新券面がカッコいい」との声が多数見受けられました。

    SPGアメックスの券面デザインはかなり不評だったので、デザイン変更にネットがざわついたのは見ていて面白かったです。

    不評だったSPGアメックスの券面デザイン

    筆者も券面デザインは、新カードの方が好みです。

    \紹介経由は公式サイトより6,000Pお得!/

    マリオットアメックスプレミアムは、紹介経由で発行すれば最大45,000ポイントも獲得できます。

    公式サイトよりも6,000ポイントお得にもらえるため、紹介制度を利用した発行が最もお得です。
    紹介制度を希望の方は、以下のフォームよりメールアドレスを入力し、紹介URLを入手してください。

    1分以内に自動でお送りします。

      ※迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあります。

      SPGアメックス改悪後もマリオットアメックスは発行に値するか?

      SPGアメックスは改悪され、新カードのマリオットボンヴォイアメックスが登場しましたが、発行に値する人はいるのでしょうか。

      ここでは、マリオットボンヴォイアメックスを発行すべき人をまとめます。

      マリオットボンヴォイアメックスの基本情報

      マリオットボンヴォイアメックスは2種類あるため、簡単に基本情報をおさらいします。

      一般カード

      • 年会費23,100円
      • ポイント還元率2.0%
      • シルバーエリート付与
      • 無料宿泊特典(35,000Pまで)
      • 年300万円決済でゴールドエリート付与

      プレミアムカード

      • 年会費49,500円
      • ポイント還元率3.0%
      • ゴールドエリート付与
      • 無料宿泊特典(50,000Pまで)
      • 年400万円決済でプラチナエリート付与

      ※無料宿泊特典は年間150万円決済が条件

      SPGアメックスに近い特典が付帯されているのは「マリオットアメックス:プレミアムカード」です。

      【結論】マリオットボンヴォイアメックスが向いている人

      多くの場合で、マリオットボンヴォイアメックスを継続するか否かは年150万円以上の決済がポイントとなるでしょう。

      • 年150万円以上の決済がある
      • プラチナエリートをより楽に獲得したい
      • SPGアメックスで家族カードを発行していた

      マリオットボンヴォイアメックスは年間決済額の多い、お金を使う方にとっては旨みを感じられるカードです。

      特に、年400万円以上決済する方は自動的にマリオットのプラチナエリートが獲得できるため、スイートルームを含む客室アップグレードや朝食無料などの特典が受けられます。

      一方でマリオットボンヴォイアメックスをメインカードとして使わない(年150万以上の決済がない)方は無料宿泊特典が受けられず、年会費も上がってしまうので継続・発行に値しません。

      まとめ:SPGアメックスはなくなるがマリオットボンヴォイアメックスが新登場

      SPGアメックスは2022年2月23日をもって新規発行が終了となりました。

      2月24日の申し込み分からは、マリオットボンヴォイアメックスにリニューアルされます。

      入会キャンペーンが開催されているこの期間中に、新カードを手にしてみてはいかがでしょうか。

      \紹介経由は公式サイトより6,000Pお得!/

      マリオットアメックスプレミアムは、紹介経由で発行すれば最大45,000ポイントも獲得できます。

      公式サイトよりも6,000ポイントお得にもらえるため、紹介制度を利用した発行が最もお得です。
      紹介制度を希望の方は、以下のフォームよりメールアドレスを入力し、紹介URLを入手してください。

      1分以内に自動でお送りします。

        ※迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあります。

        コラム:SPGアメックスの過去の改悪事例

        ちなみにSPGアメックスは、過去にも2回の改悪がありました。

        • 2018年の改悪
        • SPGとマリオット統合後の改悪

        改悪された内容(一部)は、以下の通りです。

        • 朝食とホテルラウンジが有料化
        • レイトチェックアウトが14時までに
        • 無料宿泊に必要なポイント数が増減

        マリオットの朝食・ホテルラウンジが有料化

        改悪前は、マリオットのゴールドエリート会員だとホテルの朝食が無料になり、お酒や軽食を楽しめるホテルラウンジが無料で利用できました。

        SPGアメックスを持っていれば、自動的にマリオットのゴールドエリート会員になれるので、朝食とホテルラウンジが無料で楽しめたわけです。

        しかし、改悪によって朝食無料とホテルラウンジが受けられるのは、ゴールドエリート会員より上のプラチナエリート会員以上に変更になりました。

        ホテルラウンジは、ホテルをより優雅に楽しめる場所であり、通常だと利用するのに4,000~6,000円ほどの追加料金がかかります。

        改悪前はSPGアメックスを持ってホテル宿泊をするだけで4,000~6,000円ほど得をしていたわけです。

        ウェルカムドリンクも廃止

        ホテルラウンジが利用できなくなったことに伴い、ウェルカムドリンクの1杯無料特典も廃止となりました。

        ウェルカムドリンクは、チェックインの際にラウンジやレストラン等で利用できる特典でした。

        レイトチェックアウトが14時までに

        SPGアメックスを持っていれば、通常よりもホテルのチェックアウトを遅くすることができるレイトチェックアウトという特典があります。

        改悪前は、レイトチェックアウトが16時まで可能でしたが、14時までに変更となりました。

        観光目的よりも、ホテルをできるだけ長く楽しみたい方にとっては寂しい改悪です。

        しかし、レイトチェックアウト自体はいまでも健在なので、マリオットボンヴォイアメックスを持っていれば通常より3時間も長くホテルを楽しめます。

        無料宿泊に必要なポイント数が変更

        SPGアメックスで貯めたポイントは、飛行機のマイルに移行できたり、マリオットのホテル宿泊に充当できたりなどさまざまな使い道があります。

        SPGとマリオットが統合した際に、無料宿泊に必要となるポイント数がホテルによって増減されました。

        自分がよく利用するホテルの無料宿泊必要ポイント数が増えていたら改悪です。

        逆に以下のホテル系列(一部)は、以前よりもお得に宿泊できるようになりました。

        シェラトン

        • フォーポイント バイ シェラトン函館
        • シェラトングランドホテル広島
        • シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
        • シェラトン・北海道キロロリゾート
        • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
        • シェラトン沖縄
        • 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

        ウェスティン

        • ウェスティン都ホテル京都
        • ウェスティンホテル大阪
        • ウェスティンホテル仙台

        その他

        • コンヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
        • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
        • ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 ラグジュアリーコレクションホテル
        • セントレジスホテル大阪

        無料宿泊に必要なポイント数については、マリオットの公式サイトの「ホテルを検索」から確認できます。

        • URLをコピーしました!

        気になること & ご意見はコメントお願いします!

        コメント一覧 (2件)

        コメントする

        目次(クリックで読みたい箇所へ移動)